★おせち料理の由来★

あけましておめでとうございます(*^^*)
鹿児島騎射場の美容室dualヘアーの上別府です^_^
お正月は実家に帰省してゆっくり過ごしてます(^_−)−☆

話は変わりますが、お正月に食べるおせち料理★
それぞれの料理に由来があると言う事で調べて見ました( ̄▽ ̄)

数の子
数の子は鰊(にしん)の卵で、卵の数が多いことから子孫繁栄を願って縁起物として食べられた。

黒豆
黒には魔よけの力が有るとされていたので、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願って食べられた。

田作り
田作りは別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、片口イワシの稚魚を干したものを醤油風味の飴炊きにしたもので、田畑の高級肥料として片口イワシが使われていた(イワシを肥料とすると米が豊作となった)事から豊作を願って食べられた。

海老
海老は腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ、赤色は魔よけの色とも言われているから。魔よけとは別に朱色の晴れやかさから祝肴に使われるという説もあり。

鯛(タイ)
これは祝い事の定番の縁起物でメデタイに通じるから。
鰤の焼き物
出世魚である事から出世を祈願したもの。

昆布(昆布巻き)
「よろこぶ」という言葉にかけています。語呂合わせ

トコブシ
節句の神饌の一つ。別名「フクダメ」。福が溜まる事を願って。

紅白かまぼこ
半円形は日の出に似ていることから新たらしい門出にふさわしいから。紅は魔よけ、白は清浄を表す。

伊達巻き
「伊達」の由来は華やかさ派手さを表す言葉で伊達政宗の派手好きに由来することの他、諸説ある。見た目の豪華さで定番となる。巻物の形は書物に似た形から学問や文化を意味する。学問や習い事の成就を願って。

錦たまご
おめでたく豪華な錦と卵の白味と黄味をわけて、ニ色でつくった料理の二色(ニシキ)との語呂合わせ。
栗きんとん(栗金団)

きんとんは「金団」と書き、その色から黄金にみたてて財産を現し、富を得る縁起物とされている。今年も豊かでありますようにという願いをこめて。

かちぐり
勝つの意味で縁起がいいから

八ツ頭
小芋がたくさんつくことから、子宝、子孫繁栄を願って。また、漢字の八に「末広がり」の意味をかけて。

里芋
里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝に恵まれますようにと願って。(八つ頭を使うとサトイモは使わない、どちらか一方のところが多い)

蓮根
孔が空いていることから遠くが見えるように先見性のある一年を祈願。 他にもれんこんには種が多いことから「多産」という意味もあり、縁起がよいとされている。

くわい
大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出る=出世を祈願。

金平ごぼう(きんぴらごぼう)
怪力無双の豪傑の坂田金平*にちなんで強さや丈夫さを願って。
*坂田金平と金平ごぼうの余談
*金平ごぼうは江戸初期に誕生したごぼう料理ですが、当時、金太郎で有名な坂田の金時の息子といわれる坂田金平(きんぴら)の武勇伝が浄瑠璃で大ヒットしていた。その怪力無双の豪傑金平にちなんで、この滋養たっぷりのごぼう料理を金平ごぼうと呼ぶようになった。そこで強さや丈夫さを願って金平ごぼうがおせち料理に採用されたわけですね。(坂田金平は実在せず浄瑠璃上の架空の人物といわれている)

お多福豆
文字通り福が多からんことを祈願した。

紅白なます
お祝の水引きをかたどったもの。平安、平和を願う縁起物です。

橙(ダイダイ)
代々に通じる語呂合わせ。子孫が代々繁栄するように。

ちょろぎ
植物の根をシソ酢で赤く染めたもの。多くの場合、黒豆と共に盛り付けられる。

干し柿
干し柿の皺を老人の肌に見立てて、長寿への願い。また、柿の木は長寿であることも理由の1つ。

梅干し
梅干しの皺を老人の肌に見立てて、長寿への願い。また、梅の木は長寿であることも理由の1つ。

ナマコ
形が俵に似ている事から俵子とも呼ばれる。豊作への願い。

元旦に祝うおせち料理には、それぞれの料理に理由があり、子孫繁栄や豊作、長寿など、様々な願いを祈ったものが多いのですね。これら1つ1つの料理にこめられた願いをかみしめながらおせち料理を楽しんでみるのもいいかもですね(*^^*)

IMG_1441.JPG

IMG_1435.JPG

遅くなりましたが今年も宜しくお願いしますV(^_^)V

一覧へ戻る