ヘアカラーによるアレルギー

こんばんは鹿児島騎射場の美容室デュアルヘアーの小村です(^-^)

今日は、ヘアカラーのアレルギーについて✨
ヘアカラー(酸化染毛剤)は、髪にしっかりと色を定着させ、色持ちはいいのですが、残念なことに、体質や肌状態によってはかぶれを起こしてしまうことがあります(T-T)

image

このかぶれは、多くの場合、有効成分である「酸化染料」に対するアレルギー反応によるものです(T-T)
これまでに何回染毛してもかぶれなかった人でも、ある日突然に、アレルギー症状が出ることがあります😱💦
そして、一度症状が出た人は、次に使用したときには、更にひどい症状が出ることがあり、このアレルギーは一生続くとも言われています⤵
頭皮・髪の生え際・まぶた・額・耳の後ろ・首すじなど、ヘアカラーの薬液が直接接触したところや、洗髪時のすすぎ液が接触したところに、かゆみ・赤み・腫れ・ブツブツなどの皮膚炎症状が出ます。  
かぶれは、「刺激性接触皮炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」に分類されます。
かぶれがアレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)の場合、典型的には、染毛6時間後~半日後くらいよりかゆみを感じ、その後にかゆみ・赤み・腫れ・ブツブツなどの皮膚炎症状が出始め、染毛の48時間後に最も症状がひどくなります😱💦
さらに症状がひどいと、顔全体が腫れたり、頭皮から汁が出たり、薬液等の接触していないところまで皮膚炎が拡大したりすることがあります:(
ヘアカラーを使用してかゆみのみ感じた場合でも、染毛毎に感じたり、強く感じたりした場合はアレルギー反応の可能性があります❗
染毛後に、かぶれ症状が認められた場合は、早いうちに❗
必ず医師の診療を受けてください🙇

ヘアカラーによるかぶれを防ぐために、ヘアカラーを使用する前には、
皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をオススメしていますm(__)m

一覧へ戻る